カード・スタンドを自作

  • 今日はカード・スタンドを自作して見ました。

http://jongrogue.osdn.jp/images/blog/2016-04/l/IMG_3239.JPG

  • こんな感じで、前後に5列まで並べられます。
    上の画像では、カードの数字が見易い様に3列にしています。

http://jongrogue.osdn.jp/images/blog/2016-04/l/IMG_3238.JPG

  • 1列に5〜6枚まで、カードを重ねる事が出来ます。

http://jongrogue.osdn.jp/images/blog/2016-04/l/IMG_3240.JPG http://jongrogue.osdn.jp/images/blog/2016-04/l/IMG_3241.JPG

  • 見た通り、作り方は簡単です。
  • 工具
    • 定規
    • マジック・ペン
    • カッター
    • ニッパー
    • ヤスリ
  • 作り方
  1. 5x5mmの角棒をニッパーで、真ん中から半分に切ります。
    400mmなら、半分の200mm x 2本にします。
  2. その2本を接着剤で貼り合せて、5x10mmの1組みにします。
    以上を6組み作ります。
  3. プラ板に端から8mm(角棒の5mm + 溝の3mmの分)の間隔を開けて
    マジックで6組み分の目印を付けます。
  4. 先程の角材を目印に合わせて、立てて接着します。
  5. 接着剤が乾いたら、プラ板の余った部分に
    カッターで軽く切れ込みを入れて、折り割ります。
  6. 後はヤスリで、切り口を磨いて出来上がり。
  • 怪我をしない様に十分気を付けて下さい。
  • コツとしては、プラ板に目印を付ける時に
    「8mm + 8mm + 8mm + ...」と、8mmずつ測ると
    誤差が広がって行くので
    「8mm, 16mm, 24mm, ...」と、端から測る様にすると
    綺麗に仕上がります。

http://jongrogue.osdn.jp/images/blog/2016-04/l/IMG_3242.JPG

  • 画像では間隔を3mm開けましたが、カードが斜めに傾く様に
    緩めにしたい場合は、4mmにした方が良いです。
  • また、角棒を5x10mmでは無く、10x10mm〜20x10mmにすると
    カードの列の間隔が広がって、見易くなると思います。
  • 最初は「作るの面倒かな?」と思いましたが
    やって見たら、小一時間でサクッと出来ました。
    適当に作っても、そこそこの完成度になるし
    狭い机でゲームするのに便利です。



雀ローグ制作日誌へ戻る
JongRogueへ戻る

Counter: 455, today: 2, yesterday: 0

now: 1


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-04-04 (月) 18:31:25 (1632d)